6歳の長女イチゴと3歳のミックスツインのチェリーズ<ダンボ(♂)&プー(♀)>、10月で1歳になったポニョ、そして夫との6人家族。文読む月日、重ねつつ。美しい毎日を。


by fumi_ih
カレンダー

<   2008年 09月 ( 55 )   > この月の画像一覧

ダンボ入院 9/30

6時過ぎには目が覚め、夫のお弁当を作り、洗濯をして、7時半には実家へ。
イチゴの朝食につきあって、車で幼稚園へ送り、その足でダンボの病院へ。

おそるおそる病室をのぞくと、、、

ごろ〜んと横になってテレビを見ている我が息子。
あれ、泣いてない。

と思って、目が合った瞬間。

やっぱり「ママ〜」と泣き出すダンボ。
まぁ、それが普通でしょうね。

ほどなく落ち着き、入院生活一日目がスタート。
病室の都合で個室に移動。ラッキー。

ダンボは見た目も行動も普通になっていて、昼食からは幼児食をモリモリ食べ、ベッドの上を歩き回ったり、テレビを見たり、私の膝の上で絵本を読んだり、パッと見は元気そう。でもやっぱり酸素を外すと値は下がるし、薬が切れるとゼーゼーがあり、胸の音も良くないので、そうは簡単に退院はできなさそうな状況です。

二人でべったり一日過ごしました。そんなことは初めて。鼻に酸素チューブ、腕に点滴、足にはサチュレーションモニターで、身動きに制限があり、「あっち!あっち!」(部屋の外に行きたいらしい)の要求がすごくて大変ですが、家事もせず、ネット環境もなく、姉妹もおらず、そんな状況だと、ダンボのグズリにも寛大な心で対応できるから不思議。

治療は、10時、15時、19時に薬の吸入。
ステロイドの薬を2回くらい点滴から入れました。

ダンボはおやつも夕食もほぼ完食で、8時半には就寝。
私もそのタイミングで病院を出て、砦らーめんで夕飯を食べて帰宅しました。

今夜もガールズはおばあちゃんちでお世話になります。
感謝です。

おやすみなさい。
[PR]
by fumi_ih | 2008-09-30 23:54

ダンボ入院 9/29

9/29、夕方5時、ダンボの吸入をしに近所の小児科に行ったところ、胸の音の状態があまり良くない、ということで、大きい病院に行ったほうが良いとの診断がくだりました。そこで、生まれた病院である成育医療センターへの紹介状を書いてもらい、イチゴとプーを実家の母に預けて、救急で診てもらうことになりました。

車で行く道中、ダンボはスヤスヤとお昼寝。寝息もフツウな感じで、成育まで行く必要あるのかなぁなんて考えながら、渋滞している世田谷通りを運転して病院に到着しました。

午後7時、救急外来に行き、看護婦さんによる予備診察をしながらサチュレーション(血中酸素濃度)を測ったところ、どうやらかなりヤバい値(80くらい)だったようで、、、看護婦さんが「これは大変、すぐに行きましょうっ!」と言うが早いかダンボは看護婦さんに抱きかかえられて、ドクターがいる診察室に直行。

私は荷物をまとめてあたふたとあとを着いて行ったら、すでに診察室にはドクターや看護婦さんがたくさん集まってただならぬ雰囲気。しかも聞こえたコトバは「ソセイ(甦生?蘇生?)ですね」とかなんとか言っていた気がします。

正直、ちょっとビビりました。

でも、薬と酸素を吸入したら、すぐにサチュレーションも落ち着き、一安心。

それからレントゲンをとり、観察室で2回ほど薬を吸入。
その間も酸素吸入は継続。

それでも、酸素吸入を外すとサチュレーションが下がってしまう、という状況は改善されず、このまま帰宅しても悪化します、なんて言われてしまい、入院、ということになりました。

病棟に入り、薬の吸入をして、タンを吸い取ったり、いろいろして、ダンボが寝たのは夜の11時半近く。前日はゼーゼーのためにあまり寝られていないし、疲れもあり、ダンボはかなりの熟睡。病院は完全看護だということで、付き添いしなくてもOKなので(希望すればできる)、とりあえず入院の支度やイチゴ&プーのこともあし、帰宅しました。

家では、一足早く帰宅していた夫がラーメンの準備をして待っていてくれました。
二人で遅い夕飯、肉野菜炒めラーメンをいただきました。
こういうときに作ってもらった食事、美味しかったです…。

ダンボは夜中に起きて寂しい思いをするかしら、なんて考えたら眠れなさそうだったので、あまり感情的には考えず、冷静に、やらねばならないことを整理して行動しようと思い、入院の支度、イチゴの幼稚園の準備と、ガールズチームがおばあちゃんちで生活するための支度などをして、寝ました。
[PR]
by fumi_ih | 2008-09-30 23:38

ダンボ不調

昨日の夕方からダンボの胸のゼーゼーが始まり、夜中には息苦しい様子。今朝は5時から泣き続けました。しかも飲まず食わずで。わたしもぐったり。トイレにも行けないのだもの。

幼稚園に送った帰りに病院に寄ろうとしたら、ダンボがベビーカーで寝てしまったので、病院はお迎え帰りに変更。急いで帰宅して、ダンボをベビーカーで寝かせたまま家事を片付けました。

プーが機嫌よく遊んでるのが唯一の救い。お姉ちゃんが幼稚園のあいだにおもちゃを自由に使って楽しんでるのね。

ダンボは少し前に起き、また泣き続けてます。
水も飲まないから心配。

泣き声で耳が痛いし、泣かれっぱなしは精神的に私もつらいよー。
[PR]
by fumi_ih | 2008-09-29 10:51

都電

f0041311_1891555.jpg

今日の練習会場へは都電荒川線で行きました。

ちゃんと「チンチ~ン♪」ってベルを鳴らして発車するんだね。道路の信号にも従ったり、隣の駅が見えたり、そんなところが新鮮で、楽しい都電旅でした。
[PR]
by fumi_ih | 2008-09-28 18:09

新潟館

f0041311_17494541.jpg

f0041311_17494583.jpg

午後から☆オケの練習に出席するために、スウィミング大会終了後は子供たち三人を夫の実家に預けに行き…

身軽になったところで、まず腹ごしらえ。

新潟館の地下レストランで、鮭いくら丼をいただきました。薬味のそばスプラウトがアクセントになっておいしくいただきました。お漬物や味噌汁も、心温まる味。

新潟館でお買い物はしばしばしますが、レストランは初めて。雰囲気のよいお店でした。夜はお酒も楽しめそう。今日はさっぱり気分だったので、鮭いくら丼を選びましたが、次回はお友達のblogで紹介されていた「たれカツ丼」にチャレンジしたいな。
[PR]
by fumi_ih | 2008-09-28 17:49

水泳大会

f0041311_14442862.jpg

朝早くからスウィミングスクールの大会に参加。イチゴは四歳女子のアームブイキック10メートルの部で一等賞!

やったね!!

去年は、わけがわからぬままに泳いでいた感じだったので、今年はちゃんと大会の意味を教え、一等賞めざして頑張って足をバタバタするんだよ、と朝からイメトレさせました。そしたら、いっちょ前に緊張の面持ちで入場。こっちもドキドキしちゃいました。

ヨーイ、ピーの笛の合図で飛び込み!

私も声をあげて応援!

10メートルを19秒で泳ぎ切り、優勝です。

首にかけてるのは参加賞のメダル。
右手に持ってるのが、三位までにいただける本物メダルです。
[PR]
by fumi_ih | 2008-09-28 14:44

堂島ロール

平日は仕事でタクシー帰り、週末は練習三昧でお疲れ気味の夫に代わり、イチゴも一緒にチェリーズのリトミックに行ってきました。

帰りに子供たちはマクドナルドでランチ。
三人でナゲット三箱ぺろりでした。。。

そのまま渋谷まで歩き、東急本店で買いました!
堂島ロール。

f0041311_13101986.jpg


そのまま家まで歩き、チェリーズはベビーカーでお昼寝でしたが、イチゴさんは全行程ちゃんと歩きました。ちょっと汗ばむけど、風が吹くと涼しく、お散歩日和。走ったり、ちょっとした段差を登ったり、歌を歌ったり、葉っぱを拾ったり、楽しかったです。

そして、帰宅後はイチゴもお昼寝。

三人寝ている間に、私はヴィロンのバゲットサンド(ジャンボンフロマージュ)と堂島ロールでランチ。ジャンボンフロマージュは香りよいバゲットレトロドールにロースハムとコンテチーズ、というシンプルな組み合わせが大好きです。

堂島ロールは5センチで・・・うふ。
コーヒーが美味しい、昼下がり。
満足満足♪
[PR]
by fumi_ih | 2008-09-27 13:10
ずいぶん前にNHKで放送され、録画したまま見ていなかった、昨年の日本音楽コンクールのドキュメント番組を見ました。

すると、「どうやって育てたらこうなるの?」という目線になっている自分に気づく。

コンクールに出場している彼らもおそらく三歳くらいから音楽を初めているはず。
そして必ず「初めて弾くとき」「物心つかぬままに弾いていたとき」があったはず。

そのとき、親はどうやって教え、どういう先生につき、本人はどういう気持ちで、どういう音楽環境に身を置いていたのか・・・そこが、気になる気になる。そっちのドキュメントもぜひやって欲しい!!と思っちゃいます。

さっき陸上の朝原選手のドキュメントもやってましたね。オリンピックシーズンには、ソフトの上野選手や水泳の北島選手もクローズアップされていました。

そんなドキュメントをみるたびに、それはきっと一握りの才能をもった人たちの世界である、と理解しつつも、百万が一、そんな才能を持った人の親になれたら、、、と淡い期待をもってしまうわけです。その百万分の一の可能性を生かすために、どうすればいいのか?ということです。

ま、カエルの子はカエルなのですが、、、鳶が鷹を生んだかもしれず…
アクションしないことには、道は開けないわけですし。

三人も子供がいるので、1人くらいは、食えなくても良いので何かの道をきわめる、なんていう人生を歩んでもらいたいと思います。
[PR]
by fumi_ih | 2008-09-26 23:57

おててつないで

f0041311_11215689.jpg

幼稚園お迎え、行ってきま~す。
[PR]
by fumi_ih | 2008-09-26 11:21

再会

幼稚園お迎え後、イチゴをKKちゃんママにお願いして、私はチェリーズをお迎え。
図書館で合流してから、センターで夕方まで遊びました。
1時間前の優雅なひとときから、一瞬にして、いつもの現実です(笑)。

ところが、いつもと違う展開が!

夏休み中に福井にお引っ越ししてしまった幼稚園お友達ママから電話があり、いま東京にいるとのこと。思いがけず再会し、センターで遊ぶこととなったのです。

1ヶ月半ぶりの再会。
久しぶりという感じもなく、すぐに盛り上がって、遊んでいました。
今日はケンカもなかったね。よしよし。

センターでの体操の時間、チェリーズもすっかり「見本」レベルです。

f0041311_0173024.jpg
f0041311_018547.jpg


センターの後は、ポッポ公園へ。

f0041311_0244718.jpg


プール帰りのTくんも加わり、遊んだり、おやつしたりして過ごしました。

お昼寝なしではしゃいでいたイチゴは、早々にぐっすりでした。

思いがけない再会、私もうれしかったです。
また会える日を楽しみに!

f0041311_025789.jpg

[PR]
by fumi_ih | 2008-09-25 23:17